夢と魚はデカいほうがいい。

いつかは大きな大会で優勝!と練習する週末ウキフカセ日記。

道具のお手入れという名の禊。

気付けば3月14日から更新してないじゃないの。

いや最悪ですね、すみません。orz

というのも大きな理由はただひとつ。

 

 

釣り切れない。

そう、ヘタクソさが際立っている時期になっております。( ゚Д゚)

気付けば3月後半から今月までチヌ坊主という名誉。

上手い人達であればこれをスランプといいますが

私くらいのクラスになると”ただのヘタクソ”となります。( ゚Д゚)

 

とりあえず神社にお参りにいくべきかマジで考えましたが

出来ることからやってみよう!ってことで

禊の意味を込めて念入りに道具の手入れから始めました。(^^♪

 

というより

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527181907j:image

道具とともに入浴です。

私の小汚い身体を洗うより、道具優先の入浴方法です。(笑)

この時点ですでに風呂場は磯の素晴らしい香りで充満します。

 

さて手入れ方法は簡単。

まずは上記の写真のように湯を張り、道具をセットします。

そしてまずは湯舟に私如き人間が入ります。

充分温まったところで、洗い場に上がり

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527181916j:image

躊躇なく道具をブチ込みます。(一応、海で軽く洗ったものです)

このお湯の中に入れることで、ある程度の潮汚れが取れます。

放置していたらスカリなんか超臭くなりますからね。

 

もし途中で寒くなったりしたら、道具の隙間に私如きを入れさせて頂きます。

なかなかカオスな瞬間になります。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182007j:image

それと同時進行で水くみバケツの中には布類をお湯の中に別途入れます。

今回は

・グローブ

・手拭きタオル

・ロープ

だったと思います。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182018j:image

お湯につけるところまで終わったら、まずはつけてないクーラーボックスの分解。

からのシャワーのお湯である程度流したあとに

バスタブクレンジングを数回吹きます。

これはこすらずに落とせる優れモノで、色々と重宝しています。(笑)

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182025j:image

そして先程の水くみバケツにはオキシクリーンというコストコで買った粉洗剤を入れ

漬け込み洗いにしておきます。

なかなか簡単に汚れが落ちてくれますので助かっています。

で、ここから先は湯舟に浸けておいた道具の番ですが

クーラーボックスをシンクに見立ててスポンジでバシャバシャ逝きます。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182033j:image

f:id:mh1496:20190527182040j:image

こんな感じです。

この時点で私如き人間は汗ダラダラでサウナ状態になっています。

禊なので仕方ありません。あくまで道具様優先なのです。(笑)

 

ある程度スポンジで洗ったら

すすぎをしないといけません。すすぎはまた簡単です。

先程の湯舟の中にクーラーボックス意外をフォールしていくだけです。

 

あ、サーモステンとクーラーボックスはシャワーの流湯にてすすぎます。

湯舟に浸けたら変なトコから水が浸入して抜けにくくなるんで。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182048j:image

こんな感じに仕上がりました。

残るはバッカンと玉網だけなので、こちらもバスタブクレンジングを吹きかけ

3分後にはすすぎの浴槽へフォール。

ジャバジャバやればヌメリも匂いも一発です。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182058j:image

水くみバケツの中の漬け込みは1日は置くことが多いです。

翌日入浴するときに絞ってから、洗濯ネットで普通にもう一度洗う感じです。

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182121j:image

ようやく終わりが見えてきました。

ここまで洗ったらいよいよ私みたいなもんの身体を洗っていきます。

・・・汗だくですからね。

あ、さすがにそこは写真に収めていません。残念ですが。(笑)

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190527182127j:image

そして最後の最後にバスタブを洗って完了です。

入浴時間はトータル1時間程度でしょうか。とにかく疲れます。

ただ身も心も綺麗になる感じと、次回こそは釣らせて頂ける気がします。(笑)

 

というわけで、次回こそは釣果あるブログを掲載したいと思います。

もしかしたら竿とリールの私流メンテ方法かも。(笑)

今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

FACEBOOK

www.facebook.com

南予釣行。

最近、仕事がバタついてブログ更新が遅くなってしまってた。

慣れないことするもんじゃーないね。(笑)

 

そんなわけでこの前の9日(土)に、伊予黒メンバーと南予釣行に行ってきました。

 

 

 

f:id:mh1496:20190314160955j:image

本来であればこの日に行く予定ではなく、翌日の日曜日に

第2回御荘湾巨チヌ選手権だったんだけど、悪天候で延期になってしまったから

前倒し的に遠足釣行したよってわけ。

 

風は強いけど天気がいい予報だったから、前日からどこ行こうか迷ってたんだけど

わざわざ神戸から伊予黒の特攻隊長まさ兄原チャリで来るって聞いたら

迷わず接待釣行に出かけなくてはなりませんよね。(笑)

 

 

f:id:mh1496:20190314161016j:image

神戸からこのスタイルで来るまさ兄は本物だと思います。

 

 

さて今回の釣行。ポイントをあまり知らない私は

メンバーの眞室さんに全てを委ねます。それでも眞室さんいわく

眞室さん:普段めちゃくちゃいる見えチヌがまったく見えないねー

 

との不安の声も。(笑)

たしかに目を凝らしてみても、小魚一匹見えません。

なんだかんだ言っても結果的に釣れるでしょ!と息巻いたのが後の失敗。(笑)

 

待望の一投目。フワッとラインが若干走った後にアワセて

 

f:id:mh1496:20190314161059j:image

ガシラちゃん。

まーまーまー。こんなことはあるあるですよ。

仕掛けがちゃんと底まで入った証拠だとプラスに捉えましょう。

そんなコトより真正面からの日の出は目にキツイですねー

などといいつつ

 

 

f:id:mh1496:20190314161114j:image

ベラちゃん。(笑)

まーまーまー。こんなことはあるあるですよ。

ちゃんとコマセに小魚ちゃんが寄ってきた証拠とプラスに。。。

などと言いながらそこから約数時間、何の反応もなし。orz

 

まーまーまー。ポイントはこんなに広いんだからと歩いて場所移動。

途中、風が強くなってしゃがんで釣りしてたら

 

 

f:id:mh1496:20190314161615j:image

伊予黒名物の盗撮されてました。(笑)

それでも待望の一尾を手にするまでは絶対に諦めない。

その心が私の仕掛けに反応を呼び、ラインが走る!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190314161156j:image

グーフー。(笑)

・・・うん。なかなかいいヒキするじゃないか。

 

 

しかしちょっとだけ目が覚めてきたぞ。

ここから仕掛けは超軽いものに変更。

ウキはゼロピットのG3から0に変更。さらにシブめにメモリを動かす。

ハリも金龍鉤勝負チヌ2号から1号へ。ハリスも1.75→1.5→1.0。

もちろんガン玉はなし。

サシエもオキアミを胴体から切って頭残しの小さいもの。

ゆっくり、ゆっくりフワフワと落とし込むイメージで。。。

 

底に着いたか着いてないかの約5~6分、感覚は15分以上。

ウキに少し反応、我慢して我慢して入り込む――――――

 

 

f:id:mh1496:20190314161209j:image

グレ。(笑)

しかも中途半端サイズ。

 

少しだけ心が折れたので、眞室さんに言ってから車の中で仮眠。

1時間くらい寝ただろうか、起きて回りを見渡すと眞室さんがいない。

しばらくすると戻ってきて

眞室さん:風が強くなってきたし、ここはダメだから場所移動しよう!

と。眞室さんは私達のためにポイントを探しに回ってくれてたみたい。

とっても優しいノッコミ兄さんです。(笑)

 

まさ兄もこれまで本命を見ることなくグレやベラといった他魚ばかりだったので

即移動を決断。

 

車で数分移動したこれまた足場のよい場所で、風もさっきほど強く感じない。

しかし一投、一投と慎重に入れ込むが、これまた反応がない。

気付けば私のマキエは残り少々。今回はボーズ確定かなーと思った次の瞬間

 

 

f:id:mh1496:20190314161233j:image

眞室さんの竿が曲る!

半分、睡魔に襲われていた眞室さんだったけど、さすがに目覚めたみたい。(笑)

 

眞室さん:まさ兄!タモタモ!!

たしか今日はまさ兄の接待釣行だったはずです。(笑)

 

 

ここからは私のブログであって眞室さんのフォトグラフィーを少々

 

 

f:id:mh1496:20190314161257j:image

f:id:mh1496:20190314161359j:image

f:id:mh1496:20190314161338j:image

f:id:mh1496:20190314161434j:image

f:id:mh1496:20190314161448j:image

いる!チヌ様はたしかに存在する!

まんまると太ったチヌ様はたしかに存在します!

あっ眞室さんの話はしてませんよ

 

ここに来ていたメンバー全員が目の当たりにしたので

ここから気合い入れて竿出し。

 

 

しかしここから約15分程度で私のマキエが終了。orz

そしてまさ兄も心折れたらしく納竿。。

眞室さんもそこから続かず納竿して全員終了となりました。

 

f:id:mh1496:20190314161525j:image

まさ兄の納竿姿が悲しくて思わず撮った1枚。

 

f:id:mh1496:20190314161537j:image

しかも今からまた神戸まで走るのかと考えたら末恐ろしい。。。。

今回は結果的にチヌ様の姿を見ることが出来ませんでしたが

こんなとこまで来てくれたまさ兄と

またいろんな場所を探してくれた眞室さんに感謝です。

 

やっぱり釣れても釣れなくても面白いですね、チヌ釣りは。

毎回ですが何が悪かったのか反省し、課題にして、次に活かせてる気がします。

ま、活かせてなかったからボーズなんでしょうけど。(笑)

 

というわけで今回の釣行記録はこれでおしまい。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

FACEBOOK

www.facebook.com

野忽那島釣行。

24日の日曜日、伊予黒メンバーとともに今回は野忽那島へ行ってきました。

野忽那島松山市の高浜港からフェリーで約40分程度で行ける島で

前回行った興居島より少しだけ奥に位置する有人島です。

興居島の時に思ったんですが、フェリーで釣りに行く感覚っていうのが今までなく

新鮮な気持ちでフェリーを楽しんだ気がします。(笑)

 

釣り座はフェリー乗降口から程なく着く北の波止で3名、内海の波止で1名。

昨年、釣り番組で場所が出てたのを覚えていたので

少し足場が狭くて不安ではありましたが、外海を狙うことにしました。(^^♪

 

f:id:mh1496:20190225185819j:image

36cmバッカン1個分の足場はさすがに風が強いと怖いです。

奥に見えるのがかの有名なプロ山本さん、一番奥に見えるのが

たまたまフェリーで一緒になったフレンドの店員さんです。(笑)

 

 

f:id:mh1496:20190225185833j:image

釣り座に着いたときはまだ干潮状態で、手前はとても浅かったですが

約10m先からカケアガリになっていたので、そのあたりでポイントを作ることに。

 

 

f:id:mh1496:20190225185740j:image

内海の波止でひとり黙々と竿を出すのは年中ノッコミスタイルの眞室さん。(笑)

きっと素晴らしい釣果を出してくるに違いありません。

 

 

f:id:mh1496:20190225185855j:image

ちょっとだけ近くに寄って撮影だけしときました。(笑)

 

 

今回はいろいろ試してみたかったことのひとつとして

「米ぬかの配分量を決める」ことがあり

いつもであればマルキューの集魚剤3つに対してオキアミ3kgを1つですが

今回は米ぬかを使って集魚剤を少し抑え、コスト削減を意識した釣りにしました。

いろいろ悩んだ結果

 

 

 

f:id:mh1496:20190225185923j:image

上記のむぎ、瀬戸内チヌ、チヌパワーダッシュ、米ぬかで配合決定。

米ぬかの量としては初回だったので、アミバケツ3杯程度で。

 

あっそういえば、米ぬかってコイン精米機で無料で手に入るものと思ってましたが

松山市内に少ないのかほとんどが手に入らない状況なんですね。( ゚Д゚)

いろんな人に聞きましたが結果的に買った方が早いとのことで

近くの米屋さんに行ったら15kg300円で売ってくれたのでヨシとしています。(笑)

 

 

さて実釣練習開始。今回の仕掛けとしては

ハリ:金龍勝負チヌ2号(黄色)

ハリス:ファゾム1.75号(7pd)ハリ上にガン玉5号1つ

潮受け:釣研の徳用のやつ

ウキ:シマノDVC0号

道糸:東レアイサイト1.75号

 

まずは仕掛けを作る前にポイント作りとして20杯程度マキエを入れておいたので

仕掛けを作って付け餌を入れ、海に挨拶をしてから第一投。(笑)

1投目から何かしら反応あるかなと追い打ちマキエを3杯。

潮は右から左にゆっくりと流れながらラインメンディング後に待ちーーーー

 

ウキがジワっとシモった次の瞬間、ラインが走ります。(^^♪

 

なかなかの重量感。そう、1投目から本命チヌ様のアタリでした。

やっぱり島周辺はチヌ多いのかなーと感じながらやりとり。

手前が浅いので横走りが強く、とても楽しいやりとりでした。

 

 

 

タモ入れ寸前までは。(汗)

タモ枠程度のチヌ様をすくおうとした瞬間のハリはずれ。

隣を見るとプロ山本が笑っています。orz

まーこんなこともあるさ!!←強がり

 

気を取り直していってみよう!( ゚Д゚)

 

今回は風が少ないという予報でしたが、さすがのこの時期です。

北西向いた釣り座ということもあり、多少の風でも正面受けだと強く感じます。

なんせこの足場です。

あっそうそうこの足場、波が強く波止にあたると揺れるんです。(笑)

なので不意打ちで強い波が来ると少し怖かったりするんで気をつけないと。( ・`д・´)

 

潮は変わらず左から右。

ただ左正面からの風が強く感じてライン調整がめんどくさくなってきたので

DVC0号のメモリをシメ、ガン玉を追加して少し沈めてみました。

やはり細目な調整は必要ですね。次はラインが走ってくれました。

今度は慎重に、慎重に。。。

 

 

 

f:id:mh1496:20190225185950j:image

何とか約43cm程度のチヌ様をゲットです。(^^♪

ホッと一息といいますか、安心感といいますか。やはり1枚釣れると安らぎます。

とはいえ、隣を見るとプロ山本さんの爆釣シーンばかりに気を取られます。

 

 

f:id:mh1496:20190225190009j:image

写真はもらいものです。(笑)

たぶん私が1枚上げた間、すでに3~4枚は上げてたのではないかと。( ゚Д゚)

 

しばらくして内海で竿を出していた眞室さんがこっちにやってきます。

聞いてみると地元の人から

地元の人「ここにチヌはおらんでー。外海しかおらんー」

みたいなことを言われたみたいで。(笑)

ま、今回は釣り遠足です。楽しめればいいんです。(^^♪

なんだかんだとビールありきで楽しんでた眞室さんがいたのでよかったです。

 

さて釣りの続きです。

今回、結果的にポイント1点集中が功を奏したのか

当たるポイントが決まっています。ホントは2カ所作っていたんだけど

そっちにはまったくチヌが寄ってくれません。フグのみ当たります。

これもいい練習です。同じところに毎回入れていく、これがなかなか難しい。

風や潮の動きを計算して底のポイントに仕掛けを入れていく。

 

 

f:id:mh1496:20190225190031j:image

当たればやはり楽しいものです。

この狭い波止をウロウロするのは少し足腰をやられましたが。(笑)

結果的に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:mh1496:20190225190048j:image

 46cmを頭にだいたい同じサイズばかりですが9枚。

はじめのバラシが悔やまれますが、数釣りを楽しめたと思っています。

口が赤い底で喰ってたチヌ、またお尻が真っ赤なノッコミの始まりを思わせるチヌ等

いろいろな個体を楽しめましたが、今回は活性が高くて多少浮いていたチヌも

数枚いたのでこの釣果に繋がったのかなと思います。

 

そして納竿。帰りは14時30分のフェリーに乗って帰港しました。

帰りのフェリーでは爆睡してしまいましたが、それだけ集中したってコトで。(笑)

そういえばプロは12枚?13枚くらい釣ってたとか。

やはりレベルが違います。私もまだまだ練習しないと!!

 

さて来週はたぶんお休みして、いよいよ3月10日は御荘湾巨チヌ選手権です。

体力を温存することとイメトレだけはしっかりして本番に挑みます。

 

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

 

FACEBOOK

詳細プロフィールはこちら